ホーム » 未分類 » B型肝炎の給付金

B型肝炎の給付金

注射器B型肝炎という病気があります。こちらはB型肝炎ウイルスによって引き起こされる感染症のことです。現在でもたくさんの患者がいます。こちらの感染症はかつて集団感染が起きたことで知られています。それは小学生の集団予防接種のときに起きました。注射器が使い回されていたのです。注射器を使い回すと、その集団にB型肝炎の感染者がいれば、それがどんどん他の子供達も感染してしまうことになり、最終的に集団感染してしまうことになるでしょう。血液感染をする病気だからです。

このようなB型肝炎の集団感染については明らかに国の不手際がありました。国の責任によってこのような病気が広まってしまったという現実があるのです。そのため、被害者達が国に対して集団訴訟をすることになりました。その結果として、国は給付金を支給することになりました。そのための法律も制定されています。

B型肝炎の給付金を受け取るためには国を相手に裁判をしなければいけません。そのため、面倒だと感じる方は多いでしょう。敬遠してしまう方もいるかもしれません。こちらではそんなB型肝炎の給付金請求訴訟について解説しましょう。給付条件を満たしていれば、裁判を通して給付金を受け取ることができるのです。給付金には期限が存在しているため、もし条件を満たしているならば早めに手続きを進めるべきでしょう。こちらでは弁護士への相談や訴訟の流れについて説明しましょう。ぜひとも参考にしてください。